ロゴ

便秘がもたらす影響

たかが便秘と軽く考えがちですが、慢性的な便秘は、他の症状を引き起こすことにつながります。便が腸内に長くとどまると、有害なガスが発生し、それが体内に取り込まれると血液内に入り、体内をめぐることになってしまいます。その結果、肌荒れなど様々な影響が出ることがあります。

便秘解消におすすめの方法ランキング

女性
no.1

日常的な食生活の改善を図る

便秘で辛い場合、手っ取り早く解消するには、便秘薬という手もありますが、慢性的な便秘に悩まされている場合は、根本的な改善が必要となります。便秘の解消は、やはり日常的な食生活が重要となってきます。便秘に良く効く食物というと、ヨーグルトやチーズなどの発酵食品や、食物繊維の豊富なイモや豆類などが挙げられます。

no.2

運動不足解消も便秘対策に

便秘解消というと、食生活に目が行きがちですが、実は運動不足も便秘の原因にありがちです。運動不足の場合、腸の運動が弱まり、便の排出がしにくくなることにつながります。特に効果的激しい運動よりも、ジョギングやスイミングなどの有酸素運動や、ストレッチ等です。

no.3

即効性を求めるのなら便秘薬

便が出なくなって辛い状況をとりあえず解消したい場合は、一番即効性が高いのは便秘薬です。しかし、慢性的な便秘の場合は、毎回便秘薬に頼っていると癖になってしまいますし、根本的な解決にならないことも多いので、食生活の改善や、運動不足解消などに努めましょう。

決して放置はしないことが大事

女性は便秘しがちな方も多く、少し便秘だからと言ってあまり気にしないという方も多いですが、便秘を放置しすぎると、重大な病気につながることもあります。便がたまりすぎると、腸内に有害なガスがたまり、腸に吸収されてしまい発がんリスクが高まるといったこともありえます。

便秘に関するQ&A

便秘の腸

便秘は何科に相談すればいい?

便秘というと、ついついそれくらいで病院に行くなんてと思い、放置しがちになってしまいますが、重症な場合、手術が必要になってしまう場合もあります。便秘がひどいと感じたら、内科・消化器内科に相談しましょう。

便秘の放置はNG!便秘薬で早めに解消しよう

医薬品

便秘薬は慎重に選ぼう

一口に便秘薬と言っても、種類は様々で、便を出そうとするアプローチの仕方も違ってきます。大きなところで、刺激性・非刺激性に分けられます。刺激性の場合は、腸に刺激を与えることで便の排出を促し、非刺激性の場合は、硬い便を柔らかくし、排出しやすくする効果があります。自分の便秘の原因を考え、それに合った便秘薬を選ぶことが大切となります。また、便秘薬だけを頼りにするのでなく、生活習慣を改善することも重要です。近年便通改善が出来るとして人気のスムージーがあります。それは、 マイブレイクレッドスムージーです。味も美味しくて飲みやすいと評判です。通販でも購入することが出来るので気になる場合は注文してみましょう。小さい子どもでも飲めるので家族みんなで飲むのもありでしょう。

便秘薬とサプリの違い

即効性の高い便秘薬

便秘薬は、腸に刺激を与え排便を促すなど、すぐに効果が現れる事が多いです。市販の便秘薬には下剤の効果も含まれていることがあり、その分即効性も高いですが注意が必要です。

日常的な健康をサポートするサプリ

サプリメントには、便秘薬のような即効性は期待できませんが、日常的な腸内環境を整えるなど、特に便秘になりがちな人の、予防に効果的です。